無料ブログはココログ

よく読むところ

キャラメルボックス♪


  • キャラメルボックス公演情報

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月11日 (木)

ブリザードと太陽

 昨日はとりあえず記事上げようと携帯から書いたら、写真の位置がやっぱり変だった・・・携帯からの投稿って難しいです。

 というわけで、昨日はマチネに『ブリザード・ミュージック』を見て、ソワレで『太陽の刺』の初日を見て来ました。
 ブリザードの方はチケット取ってなくて、当日半額券を狙ってたのですが、売り切れ・・・2階自由席で見ました。2階席までの行く途中の階段シアターが役者さんの金城さんのイラスト。出演者の似顔絵イラストで、かわいかった。というか、すっごい上手なイラストだった。

 ブリザードは再再演だけど、私は初観劇。西川さんのじじいぶりがなんとも・・・。
 このお話は西川さん演じる清吉じいさんが、お芝居をやるんだー、と家族にも相談せずに劇場を1週間だけ借りて、役者を募集。この7日間で1からお芝居を作って上演するという騒動のお話。
 7日の間にかなりの紆余曲折を経ながらお芝居が出来上がって行き、なんとかお客さんが入る直前ぐらいにできあがり、さぁ上演てところで幕が降りるのですが、ミハルさんの最後の変貌振りが凄いな、と思いました。
 ミハルさんておじいちゃんのわがままに巻き込まれた若い看護士さんだけど、劇中ではおじいちゃんの昔の想い人も演じなきゃならなかったりで、ちょっと解釈が難しそうな役だな、と思いました。最後はおじいちゃんをふっちゃうし。
 西川清吉おじいちゃんも素敵だったけど、阿部丈二さんのお父さんもおもしろかったです。奥さんが坂口理恵さんてとこが、また、おもしろかったんですが、劇中劇で宮沢賢治の役を振られて、今までお芝居に反対してたのにやる気になっちゃって、更にその賢治がはまってるのがお父さん凄い!じゃなくて、阿部さん凄いな。
 でも、私としては久々(1年振りですけど)に菅野さんを見れたのが嬉しかったです。なんか、いるだけでほっこりする感じが・・・。前回見たときより、痩せた気がしました。
 カーテンコールで撮影OK タイムがあり、撮影してみたけど、i-Phoneのシャッタースピードでホワイトバランスとピントを合わせてタイミングよく撮るの難しかった・・・。

 そして、昨日はブリザードの後に『太陽の刺』の初日ということで、舞台装置の転換があり、それを見せてもらえるということで、そのまま客席に居座りました。2階席からは追い出されたんですが、1階に移動。好きなとこに座って見れました。キャラメルは役者さんも裏方仕事をするので、さっきまで舞台に立ってた人達が大道具の壁とかを移動させ、ライトのチェックとかしつつ、バミリのテープを貼ったりはがしたり・・・。なぜか、西川さんはおじいちゃんの格好のまま最前列の客席に座って舞台転換を見学。そこへ、菅野さんがほぼ役と同じような格好で現れ(劇場付きのスタッフさんの役なのです)「おじいちゃん、また来たの?ちょっと、待っててね〜、今換えちゃうからね〜」と劇中みたいなやりとり。大受けでした。そうこうしているうちに、舞台はブリザードの仕込み中の劇場みたいなセットから太陽の刺のあのチラシみたいな舞台セットに。
 立て込みが終わって、5時くらいに一旦客は退場。晩ご飯は、支奈そば田中さんに行ってみたら、キャラメルボックスコラボで味噌かおるイーハトーブそば(ちょっとうろ覚え)というのが出てたので、それにしてみました。スープにお味噌入ってましたが味噌ラーメンという感じではなくあっさり系。味はお店の基本のお魚さんのスープの味でした。あと、お餅が入ってました。

 7時から『太陽の刺』の初日。
 主役は鍛冶本大樹さんだったけど、カジモンのお兄さん役の多田直人さんの姿を追って行くような感じだったので、主役が二人いるような感じでした。
 自己犠牲とみんなを幸せにすることにまつわる話。
 自己犠牲でみんなが幸せになる、って実現不可能だと私は思うけど。
 う〜ん、ちょっと感想として書くのは難しいですね。宮沢賢治の作品読んで感想書かされるの難しいと思うんですよねぇ。

 ぶっちゃけ、ブリザード見るより太陽の刺を見るのをお勧めしてしまう。
 公演数も少ないし。どっちかしか見れない時は太陽の刺かなぁ。なんか、がつんと来るお芝居。

 あ、終演後にロビーの扉の外に出たら、岡田達也さんがチケット販売営業をしてました。多分、初日乾杯に来たのかなぁ(なぜ、カジモンの応援と思わない、私・・・)。
 また、握手しそこなってしまった、残念。

続きを読む "ブリザードと太陽" »

2014年12月10日 (水)

太陽の棘見てきた

太陽の棘見てきた

さっき、キャラメルボックスのXmas公演2本立てしてきました。

モチーフは両方とも宮澤賢治のペンネンノルデの伝記(だっけ?)なのに、随分違うお話でした。
『ブリザードミュージック』は、おじいちゃんが突然演劇やる!と言い出して周りが巻き込まれてく話でしたが、『太陽の棘』は人を助けて死んでしまったお兄さんが一体どんな人だったのかを残された人たちが追ってくような話。みんなの幸せと自己犠牲、それに賢治の言葉が重なって、舞台の登場人物と一緒に考えてるようなお芝居でした。
泣いちゃった。ラスト手前の辺りで、こぼれてしまいました。

今回、カーテンコールで、なんと写真撮影オッケーだったので、カジモンハッピーバースデーの写真をば。昨日で31歳だそうです。

2014年12月 9日 (火)

『Over The L'Arc-en-Ciel』を見て来た

 ファンとしては見とかないと、と思って行って来ました。映画館。

 この前のワールド・ツアーのドキュメンタリー。
 ツアーのスタッフの顔合わせから始まってのあの長い期間の話を2時間でだから、垣間見える程度なんでしょうが、ラルクのメンバーのというより、バンド含めて海外も含めた公演を作るってことがどんなことなのかとか、バンドを継続していくというか仕事を長いこと続けて行くというのがどんなことなのかが、ちょっと見えてくるようなフィルムでした。
 ライブフィルムというより、某テレビ局のお仕事する人のドキュメントフィルムにも似た感があったなぁ。
 お値段を考えなければ、ファンじゃなくても見たらおもしろいし、なんかヒントがもらえるようなドキュメントでした。
 2500円だからねー。お芝居1本よりは安いけど・・・。
 でも、ラルク好きでよかったな。

続きを読む "『Over The L'Arc-en-Ciel』を見て来た" »

2014年12月 5日 (金)

『インターステラー』見た

 SF映画は一応もれなく気にはなる私ですが、『インターステラー』見て来ましたよ。

 地球環境の変化で人類が生き残るために、他の移住可能な惑星を探しに行っちゃうお父さんと地球に残る娘との家族の間の愛情の話と話題で、泣ける映画と言われてますが、時間と空間を隔てて娘のメッセージを受け取りながら、こちらからの発信を届けることができないお父さんの気持ちを思うと・・・泣けてくるのではないでしょうか。・・・でも、自分は泣かなかったけど。
 地球上と宇宙船と外宇宙の他の惑星だと時間の流れが違っているというのが大きなポイントで、時間との戦いの話と言ってもいいくらい。
 3時間の長丁場の映画ですが、見てる方は長いと感じない映画でした。
 でも、この映画やゼロ・グラヴィティとか見てると、宇宙に行くということがいかに大冒険で大事業かということがわかるような・・・。ISSの滞在にしたって、壁の向こうは真空で、宇宙ゴミがかすったって大事故になりかねない、という怖い状況なんだな〜、と思いました。それでも、宇宙飛行士羨ましいけど。

続きを読む "『インターステラー』見た" »

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »