無料ブログはココログ

よく読むところ

キャラメルボックス♪


  • キャラメルボックス公演情報

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月 2日 (日)

『駆け抜ける風のように』で名古屋

 名古屋行ってしまいました。
 駆け風見に。
 我ながらあほや・・・・。

 昨日になっちゃいましたが、大千秋楽見て来ました。
 行きたくなるような舞台だったんですよ。
 名鉄ホールは初めて行ったけど(そりゃ、そーだ)、ちょっとレトロな雰囲気漂うホール。サンシャインよりは舞台が遠かった〜。

 大千秋楽は、みんな張り切ってネタ仕込んだようで、笑いどころもいっぱいでした。お茶目な加治小金井と、なんでもできる筒井良純先生に対抗しようとしたのか、鍛治本さんの大月鉄砲師範も頑張ってたけど、ちょっと劇場中が苦笑してた感じでした。小金井VS南国のとこの加治さんの三鷹三兄弟もちょっと厳しかったけど。あれを見て、キャラメルボックスの『風を継ぐ者』で、菅野さんの沖田が名前をごまかすのに「私が三鷹銀大夫、お父様が金太夫、おじいさまはなんでしたっけ〜」とかやってたのを思い出してしまった・・・。
 そして、千秋楽ならでは、というか、役の立場上新撰組なのに羽織が着れてなかった前山さんがラストの立ち姿でだんだら羽織を羽織ってる、羽織れた!というのにみんなで拍手でした。
 カーテンコールで一言挨拶をしていった時に、前山さんが、役柄上の悩みとかを先輩達に話したら、陣内さんが最後は着たらいいと言ってくれて、念願の羽織が着られたと、嬉しそうに話していました。
 役者やってる男の子は一度は新撰組のだんだら羽織を着てみたい!と思うという話を前に聞いたことがあるけど、今回前山さんがやってた鳥沢鍬平という役は余計そういう葛藤があったかも・・・。
 土方役の遠藤雄弥さんは、役柄とは違って人見知りで口べたらしく、なんか感動してうるうるしてる感じのまま挨拶してたのが印象的でした。
 和田座長の締めの挨拶があって、岡田達也さんが3本締めをして、その後みんなで和田さんを胴上げ。
 なんか、とてつもなく一体感のある(客席含めて)お芝居でした。
 
 また、見たいなぁ。
 次やったら、多分、殺陣のレベルももっと上がるだろうし、色々変化しそうな気がするけど。同じ役者さんでも見たい気もするし、全然違う人達で見てみたい気もします。
 キャラメルボックスに持ってきたりするのかなぁ。でも、出演者が全員男子ってことにはならなさそうな・・・・。


 そういえば、久々に劇場でお花を見ましたが(最近、サンシャイン劇場は贈られて来たお花をロビーに飾るのやめたみたいで・・・)、D−BOYSさん宛の中に一つだけ「岡田達也さん江 愛を贈る贔屓の会」というお花がありました。
 ちょっと、気になった・・・。

続きを読む "『駆け抜ける風のように』で名古屋" »

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »